特許出願時に関するいくつかの疑問について

特許を出願するときの疑問や不安について! - 特許を出願して合計いくらお金がかかるのか

特許を出願して合計いくらお金がかかるのか

特許を取得するには、全体を通して大体どのくらいの費用が必要となるのでしょうか。近年では法律の改正などにより、特許料金の見直しなどもされており、一目見ただけでは少々複雑化しているようにも思えます。そのため、まずはAの特許をとるために発生する料金を順を追って知っていきましょう。

Aの特許を取るには…その1

まず、特許を取るには特許庁へ申請をする必要があります。最近では電子化が進み、書面でなくても出願をすることができるようになりました。しかし、現代でも書面での提出自体は可能となっています。
出願時に電子申請を行った場合は、出願料が「15,000円」となります。もし、書面での申請となると、プラスとして、「1,200円」と「書類の枚数×700円」が追加されます。たとえば、Aの発明に関する内容の書類が10枚などになると、プラス7,000円が発生してしまうということです。

Aの特許を取るには…その2

つぎに、審査請求のときの料金が発生します。これを出願審査請求料といいますが、これは「118,000円」に、「取得したい数×4,000円」の加算がされます。今回の例としては、Aの特許だけを取りたいので、118,000円に+4,000円の122,000円が必要となります。もし、Aだけでなく、BやCの特許もいっしょに取りたいという場合は、その分だけ4,000円が発生するのです。

Aの特許を取るには…その3

審査も合格し、最後の段階です。これは、特許を登録するというもの。基本的に、3年分を前払いします。1年分は「2,300円」ですが、さらに、「取得したい数×200円」が発生します。Aの特許を取る場合は、2,300円+200円で2,500円、さらに3年分なので、3倍になり、7,500円ですね。
しかし、平成16年より前に特許審査を受けたものに関しては、また料金が変わりますので、注意が必要です。
その後、3年おきに、特許料が変動します。およそ倍くらいになると見込んでおいた方が良いでしょう。
rshtrs
弁護士さんを頼るよりも、自分の力で特許を出願したい、と言う人も居るはず。
特許は本当に一人でも取得することはできるのでしょうか?答えは「YES」です。特許を実際に取得した人の中には、一人で申請をしたという人はたくさんいます。という事は、不可能ではないという事です。しかし、メリットとデメリットは必ず潜んでいますので、それを確認していきましょう。

一人で申請した場合のメリット

一番のメリットは、費用が抑えられるということです。もし、弁護士などに依頼をすると、必ず弁護士へ成功報酬などを支払わなければいけません。しかし、一人で申請を行えば、もちろん弁護士を介していませんので、報酬などを支払うことはありません。
申請をする場合、高くても3万円くらいで完了することができますので、大分費用を抑えることができるのです。
ほかにも、悪徳弁護士により被害を受けることがありません。特許事務所の中には、申請したいと思っている発明を見て盗用するなんてケースも聞かれています。そんな心配もありません。

一人で申請した場合のデメリット

一番のデメリットとしてはスムーズな申請を行えないかもしれないという事です。特に初めて特許を申請する場合は、ノウハウも分からないので、手慣れた弁護士のもとで、申請までのやり方を覚えることができるでしょう。
また、最初の難関・書類作成などでは、専門家のサポートがないと上手くまとめられなかったり、審査の段階でやり直しなどを命じられることもありますので、初めてであればやはりプロにお願いした方が良いかもしれません。また、特許申請後の取引なども一人ではなかなか手が回せなかったりしますが、弁護士が一人ついていれば、問題なくスムーズに行えると思います。
■海特許事務所 http://kaipatent.jp/
知的財産権である特許を守る

新着情報

◆2015/10/09
特許を出願して合計いくらお金がかかるのかの情報を更新しました。
◆2015/10/09
特許の維持に掛かるお金はあるのかの情報を更新しました。
◆2015/10/09
特許の引き下げをしたらお金はどうなるの?の情報を更新しました。
◆2015/10/02
企業概要を新規投稿しました。
◆2015/10/02
特許料と知的財産についての情報を更新しました。